Fenêtre

Fenêtre
chippu

AKI NAGAO

AKI NAGAO
Foie gras

hofe

hofe
lapereau

restaurant SIO

restaurant SIO
Cod

安参(京都祇園 肉割烹)

Tuesday, November 9, 2010

二日目京都へ移動。昼食は祇園の“いづ重”で鯖寿司を土産に買って実家で食べようと思っていたのだが、生憎 振り替えの休店日に当たってしまった。仕方なく”いづう”のにしたが、やはり慣れているいづ重のがいい。

夜は是非一度行きたかった祇園の安参(やっさん)へ。二人だと予約が出来ないので5時半から並ぶ。初めてだと分かりにくい場所だが、赤い提灯が目印になっている。
肉割烹と言うだけあってメニューには肉しかない。生・焼き・煮込み、ひたすら肉を食い続ける、肉好きには堪らない店だ。

始めてだったので要領が分からず黙っていると、カウンター越しにおばちゃんが説明をしてくれた。
最初に刺身が自動的に5種類出てくる。(レバー、ツンゲ(タン)、ヘルツ(ハツ)、ロース、ミノ湯引き)レバーは数量が限られているようで、早い時間に行かないとなくなってしまう。この日は最初のウンター客で終わってしまった。

刺身の食べ方は、九条葱をタップリと掛けて甘めの醤油タレと芥子を混ぜて食べる。
特に旨かったのツンゲとヘルツ。ツンゲは所謂タン刺しだが、良いものを使っているのだろう。
甘みが際立っている。ヘルツ(写真)は心臓だが、今まで食べたものはコリコリと歯応えがあり、やや血の匂いがする物だったが、ここのは弾力が有り噛締めると甘みが口の中に広がる。

刺身の後はフリーで食べたいものを頼める。味の濃い煮込みの前に、レバーとツンゲの焼き物を頼んだ。炭火焼のレバーは中は殆ど生だが香ばしく生のときより甘みが増す。

〆は看板のおでん煮込み。色々な部位とジャガイモ、卵を一緒に煮込んだのも。旨みとコラーゲが凝縮された絶品。

開店とほぼ同時に満員の店内。偶然、札幌から来ている女性と隣の席になり暫し食談義。



肉の塊が手際よく刺身にされていく。

焼肉屋でなく“割烹”と言うスタイルの安参、肉の美味しさと奥深さを知る。



京都市東山区祇園町北側347
075-541-9666

4 Comments:

kenken said...

こんにちは!先日はどれもこれも美味しいモノを沢山有難うございました^^

この記事、あまりにも美味しそうで、実は何度も見せて頂いております(笑)
店内の写真を見ただけで美味しいものが食べられるお店だな~と。
ここは、是非というか、絶対行ってみたいです☆
ちゃんと、生を味わってから味の濃いものへ進むという所に
お店の方の心意気が感じられますね。
美食旅行!!なんとも羨ましいです。

November 13, 2010 at 8:22 AM
gitanes said...

こんにちは。

安参は今回の旅の裏メインで、以前から行きたかった店でした。
どの料理も期待を裏切らない素晴らしいものでした。地元の常連さんが多いの
も頷けます。
席が丁度、板さんの前だったので包丁捌きもも堪能でき、楽しい一夜でした。
京都に行くときは是非是非、訪れることをお勧めします。

November 13, 2010 at 7:47 PM
ciao.yuu said...

こんにちは。
安参にてお隣で食事させていただきました、
札幌の女性です(笑)
遅くなりましたが、こちらに遊びに参りました。
何とも美食家ブログでそそられます♪
gitanesさんが帰られた後に、親方さんが出勤してきて目の前で
お肉さばいておられましたよ。
私は、裏メニューなども勉強してきましたので、
次回の京都行きには是非!!

折角の出会いなので、こちらにちょこちょこ遊びに参ります。
グルメ勉強させて頂きますね!(^^)!
私もなんちゃってグルメブログです。
宜しくどうぞ。

November 18, 2010 at 2:28 AM
gitanes said...

yuuさん こんばんは。
深夜のご来店どうもありがとうございます。
安参では楽しい時間を過ごさせて頂きました。
札幌とお聞きしてビックリしましたよ! 世の中狭いもんですね~。

そうですか...あの後親方がいらしたのですか?しかも裏メニュも!
早く行ったらいいのか、遅くに行ったらいいのか迷いますね(笑)

これも何かのご縁ですので是非遊びに来てください。
私もお邪魔させていただきます^^

November 18, 2010 at 8:10 PM