Fenêtre

Fenêtre
chippu

AKI NAGAO

AKI NAGAO
Foie gras

hofe

hofe
lapereau

restaurant SIO

restaurant SIO
Cod

Corned tongue (牛タンの塩漬け)

Monday, January 17, 2011

こちらのレシピを教えていただいて、足掛け2年がかりで作った牛タンの塩漬け。年末に精肉店に行って牛タンを所望したところ、「今年はもう潰すの終わっちゃったから...でも1だけ在るんだけどねぇ~」。 (馴染みの客を落として上げてどうするの...? いつもレバモツだから仕返しか?)
この精肉店は注文してから会計までとても時間が掛かる。理由は肉の掃除を丁寧にするからある時など塊の肉がみるみる小さくなっていき、最初の6割りぐらいになってしまったことがある。まさに大吟醸状態!これで商売になるのか心配になってくる。
下ごしらえをした後、死海並みの高濃度塩水のソミュール液に2週間
む。漬け込みが終わったら、2~3時間ほど茹でて冷めたら出来上がり。

毎週末のランチに欠かさず食べているので、2kg程の牛タンも後僅か。

牛タンを煮込んだスープは塩分を調整して、ポトフに。

2 Comments:

kenken said...

先日はありがとうございました。
楽しく美味しい新年会で幸先のいいスタートを切った2011年ですね^^

精米歩合ならぬ精肉歩合60%ですね(笑)
その精肉店の彼は、鍋いっぱいに塩を入れその中に牛タンを丸ごとうずめて
塩釜のようにして蒸したことがあるそうです、
ところが、焦がしてしまい、こっぴどく怒られたそうですよ・・・

ポトフも美味しそうですね!
同じ日に牛タンネタのアップ、かぶりました~^^;

January 17, 2011 at 10:37 PM
gitanes said...

こちらこそ有難うございました。
今年も"美味しい"一年を過ごしたいですね。

コンタンレシピ有難うございます。
予想以上に美味しく出来上がりました。
ワインがすすんで昼間から...出来上がってます。

「塩釜のエピソード」は知りませんでした。
あの無口な方から、いつそんなネタ仕入れたんですか?

January 18, 2011 at 10:04 PM