Fenêtre

Fenêtre
chippu

AKI NAGAO

AKI NAGAO
Foie gras

hofe

hofe
lapereau

restaurant SIO

restaurant SIO
Cod

restaurant SIO #2

Sunday, April 4, 2010



“驚き、喜び、高揚させる為に私達はいる…”

SIO(シオ)はフレンチなのか?イタリアンなのか?エスニックなのか?和食なのか...?分類するののが難しい。あえて表現するなら、洗練された“旨いもん屋”とでも言おうか。2組の夫婦で運営するSIO(シオ)は3人が調理、一人がサービスを担当するユニークな形態の店だ。4つの個性が一体となって料理、空間を演出している。


 劇場の様なキッチン。料理を待つ間も退屈しない。


 アルザスのピノ・ブラン
白い花の香り。


staubのタジン鍋


 蓋を開けると香辛料の香りが溢れる。
卵で円やかな味わい。
 

エントランスのオブジェは洞爺湖
にあるガラス工房gla_glaの作品


キッチンは躍動感に溢れている。


踊るシェフ


麦ちゃん特製のスープカレー
 ココナッツミルクに山椒をあしらって。ポークの脂が旨い!

製作中の画像はCHEF'S BLOGで公開中。


 パッションフルーツ、サフランのアイスクリーム



記念撮影
 五感で僕等を楽しませてくれた佐藤シェフ(中央)と麦ちゃん(右)


SIO
札幌市中央区南2条西23丁 目1-1 テイストビル1F
011-676-9220




2 Comments:

kenken said...

素敵なお店ですね!
私もやっと場所をチェックしたところです。
劇場のようなキッチンとは・・・
近いうちに是非とも行ってみたいです。
何かアドヴァイスありますか?

April 6, 2010 at 10:39 PM
gitanes said...

こんばんは。
SIOは写真以上に素敵でエキサイティングなお店です。
今後どんな風に進化していくのか、楽しみです。

>何かアドヴァイスありますか?
 ・・・ ・・・ 
腹を空かせて行くことでしょうか。。。

April 7, 2010 at 10:38 PM