Fenêtre

Fenêtre
chippu

AKI NAGAO

AKI NAGAO
Foie gras

hofe

hofe
lapereau

restaurant SIO

restaurant SIO
Cod

山の家 冬の陣

Monday, December 13, 2010

山腹に張り付くように建っている我が家、この時期ゲストを招くのは、なにより天気が気掛かり。
料理の出来より天気が気になる。この日は幸いタクシーで上がれたので一安心。(翌日は吹雪彡)

Egly Ouriet Blanc de Noirs Grand Cru
ゲストに「何て読むの?」と訊かれると凍りつきます。
今思い出しました、“エグリ・ウーリエ”です。

我が家の料理の分担は妻がスープとか野菜とか。僕は肉料理や煮込みなど誤魔化しが効く
もの。(ポロ葱のサラダ)

ブランダード(の様なもの)をパプリカで巻いたもの。この料理で一番大変なのは、パプリカの皮剥き。A型の彼女はこういう単調で延々と続く作業を苦にしない。

今年は畑をやったので、豆をよく食べた。ミックスビーンズとカッテージチーズのサラダは簡単で美味しい。

夏が旬と言われる穴子は冬はあまり売れないので、魚屋も仕入れていないらしい。太って、脂が乗って旨いのだが...。料理の名前は分からないが、穴子、茄子、アボガド、トマト、クレソンを重ねたもの。

ROSSJ-BASS
ガイア女史サインボトル

猪とナッツのテリーヌ。こういう料理を地元の素材で作れるとカッコイイんだけれど。
北海道の蝦夷鹿同様、害獣扱いされている猪だが豚肉よりコクがあって旨い。

CLOS-VOUGEOT 1998  Jean RAPHET et Fils
パワーが無い。来年だったら腰が抜けていただろう。

火が入りすぎた僕のローストビーフの後に、差し入れのフォアグラでさり気無くリカバーしてくれたMさんに感謝!

ギリシャ料理“スティファド”は玉葱が主役の煮込み。クローブ、シナモンなどでスパイシーな味わいだが、本物を食べたことが無いので、どの程度のレベルなのかは不明。

8時間に及ぶ宴にお付き合い下さってどうも有り難うございました。雪が積もっていなくてなにより良かったです。懲りずに来年もお付き合いください。


2 Comments:

kenken! said...

>懲りずに来年もお付き合いください
それは、こちらのセリフです~

毎度のことですが、ご一緒するとあまりにも楽しくて時間が経つのを忘れます。
そして、今回も私達の満腹中枢はすっかりヤラレてしまい、
底なしに美味しく頂いてしまいましたね。

美味しいだけでなく、野菜と肉、冷たいモノと暖かいモノ、濃いモノと薄いモノ・・・などバランスの取られ方や流れがお見事だな~とつくづく思いました。

美味しくて、楽しい8時間を有難うございました!!

December 14, 2010 at 8:38 PM
gitanes said...

脈絡も無く食べたい物を作ったら、
収集がつかなくなってしまいました。
マダムの洗練された構成とは大違いと、あの後二人で話していました。

こうして写真で見てみるとかなりの量ですね。
これに日本酒がほぼ1本空いていますから、驚きです!
これだけ食べられるのも、健康がなせる技ですね。

来年も楽しい会を開きましょう。
まずは、ANで新年会でも...

December 14, 2010 at 9:14 PM