Fenêtre

Fenêtre
chippu

AKI NAGAO

AKI NAGAO
Foie gras

hofe

hofe
lapereau

restaurant SIO

restaurant SIO
Cod

自然の中でステーキを味わう幸せ 夏キャン(3)

Friday, August 22, 2014

分厚いステーキが無性に食べたくなる時がある。サシの入った口の中で融ける様な肉じゃなくて、しっかりと噛みしめて味わうヤツ。厚さは最低3cmは欲しい。付け合わせは山盛りのクレソンと表面をカリッと仕上げたフレンチフライがあればいい。

厚手のフライパンを強火で熱して焦げ目が付くくらい表面をしっかり焼く。薄い肉だと完全に火が通って固くなってしまうので厚みが大事。
焼き上がったらアルミホイルに包んで暫く置いておく。こうすると熱が芯までまわり肉汁が流れ出ない。家でやる時は最期に高温のオーヴンで数分温めるといい。

タップリの油でフリット風に仕上げたリブロース。お供はテスタマッタで有名なビービー・グラーツが提供するテーブルワイン「カザマッタ」。

肉の旨味を堪能できるイチボ

牛脂で揚げたフレンチフライ

2 Comments:

kenken said...

美女で癒された後は3連ちゃんのキャンプ報告^^
どれもこれも本格的@@相変わらずの美食を極めたキャンプですね。イチボ・・・血の酸味まで感じられそうですね。それを噛み締める自分を妄想しながら拝見しました。今晩はお肉をガツンと食べたい気分です。

シュークルートにアルザス、、、確実な組み合わせですね☆

August 23, 2014 at 1:38 PM
gitanes said...

ほんとよく食べました。
勘定してみたら牛、豚、羊で4kgほど!

夏休み旅行記最終回、タイトル見て吹き出しました。
10年程前フェリーに自転車積んで礼文島サイクリング
したもので・・・
落ち着いたいい島です。レブンアツモリソウの時期に
行ってみたいです。

August 24, 2014 at 11:33 PM